子育てってみんな同じ♪ ~自閉症はやがて個性へ~

重度の自閉症児と言われた我が子が、普通の大学生へと成長していきました。その道のりを現在の状況やタイムリーな話題も交えながら綴っていきます。

RINのこと

療育スクール

保健センターで月2回開かれる自閉症児のための療育スクールは、市の保健師さんが取り仕切っていました。 彼女らは実にすばらしい人たちで、それほど深く親交があったわけではないのですが、確実に私たち親子をより良い道へと導いてくれました。 私がここで学…

妹を受け容れる

2人目の子どもをつくっていいものか、とても迷いました。 RINを大切に育てることで精一杯の私に、もうひとりの子のお世話をすることができるのか、RINのように愛することができるのか。 ふたつのことを同時進行することが大の苦手であるこの私に。 そして間…

穏やかな日々

自閉症を受け容れてからの日々は穏やかになりました。 なんというか、私もおそらくその傾向があり、めちゃくちゃに不器用なんですね。 0か100、白か黒。 真ん中やグレーは考えづらく、よくわからなく、苦手です。 着地点がわからないままの時間は苦痛でしか…

受け容れる

「受け容れる」ってひとことで言っちゃってはいるけれど、実は大変な作業。 まあ、切り替えのうまくできる人もいれば、不器用な人もいるわけで。 プライドの高い人もいれば、すぐに妥協できる人もいるわけで。 受け容れる作業が素早くできることは理想です。…

ザ・自閉症児 ②

RINの自閉度と言ったら、これはもう誰もがそうだよね~というくらい、はっきりしたものでした。 今から思えばです。 そりゃ初めての子育てだったので、めぐちゃんに言われてからは、こんなことくらい誰だってあるだろう、こんなことくらい、こんなことくらい…

ザ・自閉症児 ①

ウチの息子、RINと呼ばせてください。 仮名ですがね。 難関高校から難関大学へ進みました。 そう言うと、重度の自閉症児がありえませんよ~と聞こえてきそうですが。 難関大学であることも、自閉度が重度であったことも本当です。 何をもって子どもの成功と…